Yuto.Sのブログ

アメブロから移転してきました!よろしくお願いします

レポートを書き直して提出してきた!

 

 微生物学実験のレポートの提出期限2日前に提出したのですが、大学の友達と提出期限の1日前にLINE電話をしていたところ、考察に大きな欠陥を見つけました。友達は「そういうことか」と書き直していましたが、Yuto.Sはその時すでに出してしまっていたので書き直すすべがありません。真剣に取り組んだレポートだったので、腑に落ちない部分がありました。

 

 しかし、チャンスは舞い降りるものです。今週の火曜日の12:00まで再提出可のお達しが出ました。火曜日は(特に明日)一週間の中で最も忙しい日なので、レポートの余裕がありません。なので、今日考察を全面的に書き直して再提出してきました!

 

 ただ、怖かったのは「再提出による提出期限の更新」ですね(- -;)今日出したら、本日出したことになる(=提出期限遅れ)のではないかと心配でした。しかし、先生に直接聞いてみると、差し替えによる減点は無いと言っていたので、安心しました!だいぶ緊張しましたが('_';)

 

 先生曰く、メールの真意は「レポート未提出者の救済措置(提出期限延長)」だったそうです。『レポート出していない人がいるのか...!』と驚きましたが(^^;)今回はそのおこぼれを貰った気がします!(お陰で再提出が出来た)明日を乗り切ったら

 

楽器の一式を担いで

 

カラオケに行ってみようかな

 

潔癖症という指摘

 

 こないだ友達5人と台湾ラーメンを食べに行く機会があったのですが、その時にYuto.Sの潔癖さを指摘されました。

 

 というのは、その台湾ラーメン屋さんの出すセットでついてくる天津飯の量がいつも多いため、食べきれない分を食べて貰っています。しかし、今回は友達が一口すくって食べて、残りをYuto.Sが食べる状況になったのです。

 

 「人が食べた食事を食べたくない」といったところ、潔癖症なのではないかという指摘を受けました。うーん、どうしよう...

 

 幼少期より、人が食べたものは食べてはいけません(=虫歯菌がうつるから)という教育を受けてきたので、今でも人の食べたものを食べることに強い抵抗を覚えます。

 

 「しゃぶしゃぶはどうするのか」「鍋はどうしているのか」などいろいろ質問されましたが、「あれはあくまで加熱・殺菌されているから大丈夫でしょう?」と答えたところ、頷かれるとともに「やはり潔癖症だな」という指摘が(苦笑)

 

 人間関係で支障をきたすのなら治していこうとは思いますが、相当な覚悟とトレーニングが必要なのではないでしょうか。

 

難しい

 

ところです

 

TOEICを受けてきた!

 

f:id:yutos-public98:20181117214342j:plain

 

 本日は、大学でTOEICの試験があったので事前に申し込んで受けてきました!しかしYutoSは全教科の中で英語を最も苦手としており、一年生の時も半ば強制でほとんどの人が受けされられていましたが(苦笑)そんな中でも丁寧にお断りしていたほど、嫌いな教科なので忌避していました。

 

 ただ、今回からTOEICを受けることが2年後期の英語Ⅳの単位を履修できる必須条件になりましてね('_';)渋々受けたのが実情です。さて、どうしてこんなことになったのでしょうか。

 

 実は2020年度以降の入試以降に、大学入試の抜本的な改革が行われます。「センター廃止→共通テスト」の流れは連日報道されている通りなので割愛しますが、改革はそれだけではありません。

 

 国立大学の出願要件に「民間の英語試験を受けていることを必須条件」とする方針が打ち出されました。東京大学がその方針に従わないと明言したり,撤回するなどは有名な話です。

 

mainichi.jp

 

 さて、上記のように国立大学では民間試験の受験が必須となっていますが、公立大学もこの方針に従うようです。でも、今の大学1,2年生(僕らの代)は「センター+2次試験」で入学しているので、TOEICを受ける必要がありませんでした。

 

 2020年以降の1年生は全員TOEIC(もしくはそれに準拠する試験)を受けているけれども、2,3,4年生は受けていないという状況が生まれるのはマズいと大学側は考えたのではないでしょうか。

 

 今回からTOEICの受験が強制になったのは、そういった背景があると思われます。3年生以降は受験が任意であることも頷けますね。そんな入試改革の波に影響を受けていることを肌で実感する気がします。

 

他の国立,公立,私立は

 

どうなんだろう

 

浮かれている1日

 

 今日はなんだか、ダメダメな1日でした(- -;)材料学実験が終わって,下宿先へ戻り,準備をしてからバイト先へ行ったところ、今日はシフトが入っていないことが割りました 。

 

 恥ずかしかったので店長に謝って急いで帰ったところ、上着を忘れてしまったのです(苦笑)もう一回取りに行ったら、店長に「もう1回間違えて来たの?斬新だな(笑)」と。

 

こんな日はとっとと

 

早く寝た方がよさそうです

 

KUN Bravoの購入

 

www.youtube.com

 

 大学の同級生各位

 

 ※Yuto.Sのこの種の趣味に関して言うと、完全にプライベートな内容です。他人に言いたくなる内容であることは分からないでもないですが、知られてもいい人と,知られたくない人がいます。

 

 なので、他言厳禁。話題に出すときは1対1の空間,または主語を抜いて話題に出すなどの配慮をお願いします。

 

f:id:yutos-public98:20181115215352j:plain

 

 さて、実家から車を運んでくる際にバイオリン一式をトランクの中に入れて持ってきました。いま住んでいる地域の近辺にバイオリン教室が1件も無かったので、浪人が決まった2016年03月から2018年11月までの2年半弱、実家に放置してありました。

 

 しかし車を持ったいま、カラオケ店で練習するという選択肢が増えましたし、よく考えたら(消音機をつければ)ピチカートでの練習が出来るという事に気が付いたので、下宿先へ持ち込むことにしたのです。

 

f:id:yutos-public98:20181115220350j:plain

 

 前から買いたいなとは思っていましたが、弦楽器を弾く上で欠かせない補助器具「肩当て」をプラから木製へグレードアップすることにしました!

 

 肩当てと言えばカナダの「KUN(クン)」"オリジナル"が有名ですよね。今回は、KUNの肩当ての上位モデル「KUN Bravo (No.800) 」を購入。

 

f:id:yutos-public98:20181115221512j:plain

 

 おお!見た目が美しい!!表面は楓(メープル)の合板金具は真鍮製のものが使われていました。肩当ては練習後に回して片付けるのが面倒なので、専用の袋があることには感動しました!

 

f:id:yutos-public98:20181115221958j:plain

 

 ただ、一つしくじったのは「折りたたみが出来るもの」だと勘違いしていたことです(- -;)L字の金具を見る限り厳しそうですね(苦笑)よく調べてみると折りたたみができるモデルが、このたび購入した

 

 KUN Bravo (税込12,960円)

 

 ではなく、

 

 KUN Bravo Collapsible (税込15,120円)

 

 でした(泣)調べてみる限りBravo本体は同じで,金具のみ異なる感じがするので、金具単体の販売を探して今度購入してみるつもりですが...トホホ(= =;)

 

 一番最初の写真にも載せたように、YAMAHAの持ち運び可能なアルミ製の譜面台も持ってきました。ですので、中間テストが終わったら早速カラオケ店に持ち込むつもりです(^ ^)!そのあいだにできるのなら

 

弦もすべて

 

交換したいな←これもまた値段が高い(苦笑)

 

時間がかなり開いてしまった

 

 11月08日(木)に執筆した記事「初めて濃硫酸(H2SO4)を扱う」を最後に、一週間程度更新が途切れてしまいました。これによって、1年半(500日程度)近く固く守ってきた『1日1記事』が崩れたことになります。ああ、くやしい(泣)

 

 さて、どうしてこんなことになったかというと、あまりの多忙さのため記事が書けなかったという理由が挙げられます。記事でもちょくちょく書いていた「微生物学実験」の提出日がこの一週間に集中したためです。実験だけなら楽しいのですが、そういう訳にはいきませんよね(^^;)

 

 さらに、「下宿先に車が届く」「中間テストの勉強」「アルバイト」等が重なって、書く時間すら作れませんでした(苦笑)

 

 逆に言えば、それだけ(充実していたかはともかく)濃密な時間を送っていたので、それを記事にしないわけにも行きません。このブログの目指すところは、昨年同様"書いた記事を本にする"なので、また時間ができたら、埋め合わせで書きたいと思います。

 

執筆予定のタイトルと補足

  • 11月09日(金) 消音機(My Mute)の購入
  • 11月10日(土) 厳島神社へ行って、あなごめしを食べてきた(※画像あり)
  • 11月11日(日) ニトリに行って、下宿先の家具を揃える(※画像添付予定)
  • 11月12日(月) 今日から、普通車のある生活が始まる
  • 11月13日(火) 弦がサビていた(T_T) (※画像添付予定)

 

 今日も、午後から中間テストがあります。木金は実験,土曜日はTOEIC,日曜日にレポートと課題とテスト勉強をして月曜日から中間テストの続きです。上記の5本の記事がいつ書けるかはわかりませんが、息抜き程度の時間を見つけた時にかければなと考えています。

 

さて、午後のテスト勉強

 

からしますか!

 

<追伸>

 

 今日は久しぶりに大学の図書館から執筆

 

初めて濃硫酸(H2SO4)を扱う

 

 先週までは遺伝子工学をメインとした微生物学実験でしたが、今日から材料学実験に切り替わりました。本日1日目は、実験に使うための試薬や溶液を作成することが主な内容でした。今日調整した溶液がしくっていたら、明日以降の実験で得られる値がすべて狂ってくるという...('_';)大丈夫かな

 

 様々な溶液を作成したのですが、その中に"(1+2)硫酸"という溶液を調整する機会がありました。CODMn(化学的酸素要求量)の測定に用いるために使う溶液です。精製水160mlに濃硫酸80ml加えてポリエチレン瓶に保存する操作なのですが、

 

 濃硫酸は強酸で、水に加えると強い発熱を伴います。「水のなかに濃硫酸」を静かに注ぐのが調整の方法ですが、誤って「濃硫酸のなかに水を注ぐ」と手順を逆にしてしまうと突沸を引き起こし、濃硫酸が飛び散って大変危険です。

 

 (1+2)硫酸の作成はYuto.Sが担当だったのですが、静かに注ぐ際,メスシリンダーに滴る濃硫酸キムタオル(拭いたときに繊維がつかない実験用のタオル)で拭いたところ、すぐに黒くなりました

 

 それに留まらず、タオルを溶かして下へ下へと侵食していったのは印象的でしたね(- -;)皮膚についていたらと思うとゾッとします(シャレになっていない)

 

 微生物学実験で髪の毛の一部を焦がし、斬新なファッションを生み出してしまったYuto.Sですが、幸いにもジーンズに付着して一部が溶けるといった先端的なファッション(?)は生み出さなかったようです(苦笑)

 

明日からの実験が

 

不安になってきた