Yuto.Sのブログ

理系大学に在学中の2年Yuto.Sと申します!毎日のんびりと更新しています(´_ゝ`)ごゆっくりどうぞ~(^^)/

最近のサイバーテロ

 

 ここ数日間のあいだに、世界各地で大規模なサイバー攻撃が起きている。こんにちの世界は少し前、人間がやっていた作業が機械にとってかわる作業が着々と進められているのは言うまでもない。いずれ、AIが作業や研究をするのではないかと警鐘を鳴らしている科学者もいる。

 

 そんな世の中だから、我々若者は将来に希望を見いだせない。合理性を追求する。即ち、機械に任せることは企業にとって利潤が増え、不正が起きず、時間も短縮できるといったいいことばかりである。だから、僕らに仕事が回ってこない時代が来るのではないかと感じる次第である。

 

 「これは、時代の流れだよね~」と、受け身の気持ちでいるのは日本人の独特な感性だと私は感じるが、世の中、そんな人ばかりではない。やはり、仕事を機械に取られてしまっては、僕らは賃金を得ることができず生活をまともに送ることができない。

 

 よって、自分の生活を、家族を守る為に一部の知識人が今回の騒動を引き起こしたのではないかとも考えられる。本当に面白半分であるのか。

 

  1. 隣に誰が住んでいるのかわからない
  2. 町を歩いても、バスに乗っても、会話はない。スマホ上の相手と会話する
  3. どこに行っても同じような街並み

 

 どうしてこんなにつまらない世の中になってしまったんだろう。便利だからって利便性を追求し続けた結果がこれなんじゃないか。絶対に機械化してはいけないものがあるんじゃないかって感じる。

 

 最近はなにかと機械に頼りすぎていると思う。「アナログは過去の産物だ」と一緒くたにするのではなく、現代の技術と先人らが培ってきた知恵や技術の良いところを組み合わせるといったことを考えさせられるきっかけになったと思う所存である。

 

 なんかね、こういう文章書いてみたかった(笑)時間無いから出典ないごだごだな記事になっちゃったけど...(苦笑)ま、練習練習

 

こういうことを書きたくなるなんて

 

性(さが)かな

 

<追伸>

 

 まだまだだなぁ(¬_¬)自分は何かと論点がズレる。うーん...

 

先が思いやられる(ー ー;)