Yuto.Sのブログ

理系大学に在学中の2年Yuto.Sと申します!毎日のんびりと更新しています(´_ゝ`)ごゆっくりどうぞ~(^^)/

昨年、ブログを消した理由

 

 そうそう、自分がどうしてブログを消したのか記録に残さないと。ただし、前置きが非常に長い。保育園まで遡る必要があるから。

 

f:id:yutos-public98:20180702233412j:plain

(愛知医大オープンキャンパス行った時の写真)

 

 僕の幼少期の夢はお医者さんだった。同期の友達に難病の男の子がいて「先天性筋ジストロフィー」ずーっと車椅子に乗っていて『あし、なおらないのかなぁ』って思ったのがきっかけ。神経内科医。

 

 ずーっと、お医者さんになりたいって言っていて、中学校の卒業文集ではその旨を書いたぐらい。中学校ではそれを知らない人はいなかった。でも、自分はあまり賢くはなかった。勉強は頑張るんだけど、結果に繋がらない。やり方をあれこれ変えて猛烈に突き進んだけど、ベクトルがズレていたのかな。


 それに気付いて高校では方針を転換。誰にも将来の夢を言わないようにした。農学部って言い続けた。自分の将来の夢を馬鹿にされたくなかったから。単に、自信ががなかったかもしれないけどね。調査書とかも、極秘に作成してもらった。隠蔽体制。


 高校3年の、1月4日にその男の子が亡くなったと連絡が入った。多臓器不全。もう、発狂して叫びながら家の中で泣き叫んでいた。愛知医大の受験票を持ってお葬式の時に「頑張るね」って言ったのを覚えている。


だけど、入試結果は惨敗。ポカーンとしてしまって(頭の処理が追い付かなくて)学校を無断欠席したら鷲見先生にもうこれ以上ないほど怒られた。「感情で動く人にわたしは命を預けたくない。あんたには診てもらいたくないわ!」

 

  • 受験のストレス
  • きっかけを与えてくれた男の子の死
  • 入試結果惨敗
  • 先生の激怒

 

もう、どうしていいかわからなかった。けど、このままではダメだと駿台予備校と駿台指定寮名古屋寮に入った。医系コースに入って今までにないくらい勉強していた。毎日えげつないプレッシャーと絶望感に苛まれながら。そんな時に、事件が起きた。

 上記でも書いたように高校の時は自分が医師になりたいっていうのを誰にも言えなかったし、ましてや医学科を受験したことなんて誰も知らなかった。全部自分の中に閉じ込めてたから。はけ口がなかった。そこで、Amebaブログにすべてを投影していた。

 
 高校で一切言わなかった趣味の事とか将来の夢の事とか、好きな人のこととか、全部ブログに書いていた。2013.6-2016.3のあいだ。この記事を書いて、一年間の休止としたんだけど休止 (2016-03-17 20:16:02) 事件っていうのはこの旧ブログの存在がバレたということ。


 恐らく、友達は強烈に驚いたかもしれない。『医学部受けたの!?』
残念なことに、自分はいつも画像付きで投稿している。画像はこの上ない説得力。
あれは、5月だった。メールアドレスを教えていない友達からいきなり、

 

f:id:yutos-public98:20180702234248j:plain

 

 あの人生で一番ピリピリしているときにこれ。しかも、

 

f:id:yutos-public98:20180702234325j:plain

 


 そりゃあ、そうだ。ずっと農学部って一貫して言ってたから。でも、うちの母親が医師っていうのは間違っている。そんなこと一言も書いていない。『それは、違うわ。』


 きっと誰かが旧ブログを読んで勝手に解釈したんだろうけどさ、もうね、これ見た時ガラケー膝蹴りでバキっとしたい感じだったね。もう、怒り爆発。なんで、勉強して疲れて帰って携帯開いたらこれなの。しかも、打ち上げ来た人はみんな知っているって、なにを?

 

 自分の知らないところでデマが広まっている。怖くなって2016.5にTwitterAmebaを消去。これが、一連の流れ。人が人生かけて夢に向かっている傍ら、これは無い。


 こういう経緯があるから、このブログを見つけた(見つけてしまった)知り合いの方
絶対にコメント残すか連絡すること。こういった形であなた方が広めたら、伝わってきますから。ほんと、やめてください。今日は、暗い記事になってしまったけど高校生活を記したブログを消したことを少し残念に思っている節があるから記載。でも、


載せた自分も悪いと思う

それがネットの世界だから。

 
<追伸>

 

 正直言って、自分がこの先どうしたらいいのか分からなくなってしまったのが実情。今までお医者さんになる事だけを考えて生きてきたし、それに向かって勉強していたから。

 

 

 でも、もうお医者さんになることはないショボーン富を得ようが、偉い職に就こうが、この先絶対にお医者さんになることはない。

 

 今も尚3浪中の名古屋校の友達には是非、お医者さんになって欲しい。僕は、逃げたからさ。2浪できる環境があったけど、自分にはそれができなかった。気付いてしまったから。その領域に達するまで、もう追加で2浪必要だということにそれは、できなかった。まして、国公立大理系に合格しているという状況の中でそれを蹴って自ら苦行をする選択は(2浪)できなかった。

  

 学部卒で企業に入ったらいいのか,大学院までいって何かを研究すればいいのか,最近自分が何がしたいのかがわからん。こんな生ぬるい生活を送っていたらどんどん自分が劣化していっていつか社会にのまれてしまう気がする。いや、もう既にのまれていっているか。ゆっくりだけど確実に浸食されていく。未来の自分はこれをどう思うだろう。

 

19歳の自分は

 

真剣に悩んでいる