Yuto.Sのブログ

アメブロから移転してきました!よろしくお願いします

やる気に満ち溢れていた高1の夏

 

 昨日、久しぶりに本を読み終えた!本を読み終えたのは「高学歴社会の大学-エリートからマスへ」以来。実に三週間ぶりのことニヤリ

 

 『ブログの方針ver.2.0』にも明記してあるように、読み終わった本は ---- (傍線)の下に感想等を書くという形式をとっていて、本を読んだということを主な記事にしないということを心掛けていた。けれど、今回読んだ本は高校生の時に取り組んだ、数学アゴラを思い出すきっかけになったから、書くことにしたニコニコ

 

 本の内容が数学アゴラと関係ないけど、著者が数学者だったこと。数学アゴラ(2013)は『知の探究講座』の一環で、自分は名古屋大学「数学とはどんな学問なのだろうか」を選択した。

 

f:id:yutos-public98:20180710160738j:plain

 

 高校生が大学の教授の講義や実験を通して、数学が身近なところで用いられていることを知って、数学の興味関心を深めて最後に大学でプレゼンテーションするという催し。

 

 旧ブログではこのことを刻々と書いていたんだけどな...こういうところで消してしまったことを悔やまれるショボーン現代のクレジットカードがどうして安全かというのを題材にして公開鍵暗号の説明を高校一年生の時に習った合同式(mod)を用いてRSA暗号とはどのようなものかをプレゼンした。

 

 簡単に言えば、クレジットカードの通信には、数学というセキュリティーが使われているということ。ああ、懐かしい!めっちゃ緊張したなぁ照れでも、高校の時にわからなかった記号とか文字の使い方とかいま大学で習っているから、今度実家に帰ったときに、あの黄色い本開いてみようかな。今だったらなにかわかるかもしれないキョロキョロ買ってよくわからなくて、そのままだった気がするえー

 

高校の時は本当に

 

頑張っていたなぁΣ(^^;

 

<読み終えた本>

国家の品格 (新潮新書)

国家の品格 (新潮新書)