Yuto.Sのブログ

アメブロから移転してきました!よろしくお願いします

僕は、天然らしい(笑)

 

 同じバド部の人から「Yuto.Sって、天然だよね」って、言われた。このブログを2,3さかのぼった人ならわかるけど,それは絶対にないニヤリ笑える爆  笑

 

 現象には必ず理由がある。今日はどうして自分が天然だと言われたのかを考察したいと思う。

 

---------------------------------

 

1.天然ボケとは

 

2.天然の対義語

 

3.高度な天然

 

4.おわりに

---------------------------------

 

1.天然ボケとは

 

 周囲からややズレた発言や行動を自然に行い、結果、笑いを誘ってしまう変わり者のことを指す場合が多い。出典:Wikipedia

 

 天然という言葉自体、最近出てきた言葉というのもあって、定義も曖昧である。ただ、場を和ませてくれるという点でWikipediaにも書いてある通り、「ドジ」や「ポンコツ」といったマイナス表現とは大別される必要があるだろう。


2.天然の対義語

 魚で天然ものと言えば、川や海を泳ぐ魚を釣ってきたものを指す対して養殖は、人為的に育て上げられた魚を指す天然ボケは「計算されていない悪意のない他愛もないもの」とあるから、対義語として養殖が引き合いに出されることがある。

 

 女性は天然であることで男性ウケがよいことは一般的に知られている。ちょっと、抜けているとこに可愛らしさを感じる男性が一定数存在するからである。

 

 それを応用して「わざと故意に天然を演じる養殖女(養殖女子)がいるらしい。これは、辞典に載っているわけではないが、この言葉をwebで検索をかけると驚くほど出てくる。養殖の方

 

  • 天然と自己申告する
  • 対象の異性があらわれるとコロッと態度を変える

 

 といった特徴がある。こういった計算高い女性が今までの人生で確かにいたから、「そういうことだったのか」と感心させられるところ。女性は顔だけでなく、態度にもおめかしする必要があるから純粋に大変だなと、個人的に思った次第ではある。

 

3.高度な天然

 

 ここからが主題。2章で取りあげたように、女性が天然のフリをするメリットは多いが、男性が天然のフリをしても、何のメリットもない。女性は男性に「かわいいな」と思ってもらえるのに対して男性が天然のフリをしても「かっこいい」と思われることはない。それはただ単に、「不器用」「要領が悪い」と思われてしまうからだ。

 

 ※今回、天然と言われたことをきっかけに「天然とは」を調べて自分なりにまとめる作業したんだけど、ここまできたら、自分ってただ単に「不器用」「要領が悪い」だけなんじゃないかって心の中で思うようになってきた...あとがない(^^;)将棋で言えば王手をかけられた気分。あ、自分で王手をかけられにいったものか...ヤバい...このままでは僕は天然ということになる挽回しなくては...!

 

 自分は天然と言われたことがない。逆に突っ込んでいたぐらい。でも、どうして大学生になって突然、天然と呼ばれるようになったのか。恐らく、昨年の浪人が関係しているのではないかと思う。

 

高度な天然」とは、自分が勝手にいま、作った言葉だからこちらに関してはしっかり書いていきたい。実は、この「高度な天然」昨年通っていた駿台に結構いた。駿台、とりわけ高卒生を対象にした予備校は頭のいい方が集まる。

 

 勉強の方法は人それぞれだが、一番の勉強法と言われるうちの一つに人に教えることが挙げられる。自分の不得意な分野を教えてもらい、得意な分野を教えるというのが理想的な勉強といえるだろう。

 

 その前段階として、自分が教えてもらいたい人(賢そうな人)と話す必要があるが、たった一年足らずの関係。果たして声をかけてもいいのだろうか。逆に、声をかけてもらうためにはどうしたらいいのか。ためらってしまう。

 

 でも、時間はない。一刻もはやく会話をすることが先決。そこで役立つのが高度な天然「自分って、こういう一面があるんだよ」っていうのを出すこと。そうすると「あ、あの人堅苦しそうだけど、こういった面があるんだ!話しかけてみよう」こうして、話す(話しかけられる)難易度が下がるのである。

 

 「高度な天然」は、とりわけ計算された養殖とは違って行動がナチュラルである。そういった行動をとったほうが生存に有利だと頭で試行して演技をするのが養殖。本能的に気づいて無意識にやるのが高度な天然

 

 自分はこれをやって(意外な面を見せて)実際話しかけられたことがある。自分は医系で関係がなかったけど、これのおかげで文系の人と話ができた。

 

 

 逆に、高度な天然をやっているひとに話しかけたことがある。

 

 

 受験戦争を生き延びるために編み出された戦術「高度な天然」これは、やったことのある人なら「あ、あの人高度な天然やっている」って一発で分かるけど、そうでない人にはただ単に天然と思われるかもしれない。(面白いことに、高度な天然をやっている同じバド部の人がいた)養殖の方はしばし、ウソをつくことを厭わない。さっき、

 

  • 対象の異性があらわれるとコロッと態度を変える

 

 って、書いたけど、これも立派なウソつきみたいなものである。急に、隣で聡明に話していた友達なのに異性が来た瞬間、天然キャラになりその人が離れた瞬間「あいつ、ばっかじゃねーの」と言ってたときの気持ち悪さは天下一品。

 

 『...え、マジかよ(´・_・`;)』みたいな。故に、養殖の方はすぐ綻びが出る。なぜなら、計算で固めているから。間違えるのも当然"ごめん、今のばっかじゃねーのっていうの聞こえてたわバーカ(席を離れた異性)"言い換えれば、メッキが薄い

 

 対して「高度な天然」はメッキが分厚い。言い換えればアルマイト塗装。簡単には、分からないしウソをつかないから、上記のような矛盾がない。※天然は、下地丸出し

 

4.おわりに

 

 僕のことを天然と呼んだバド部の方は、数年後僕が天然でないことに気づくんだろうなぁ。「あ、やっぱり違う」って。でも、そんな彼らを羨ましく思う。自分はこういったことが毎回頭の中を駆け巡るから、いつも疲れるショボーン

 

 こんな感じで、自分は天然とは程遠い。分厚いメッキしているだけ。同じような人を見たら「ああ、あなたもですか。大変ですね。」みたいなことも思う。同類の人に会ったら緊張する。もはや、仮面舞踏会(笑)"ふつう"って。ほんと、憧れる。と言った

 

高校の友達の言葉が

 

わかった気がする