Yuto.Sのブログ

理系大学に在学中の2年Yuto.Sと申します!毎日のんびりと更新しています(´_ゝ`)ごゆっくりどうぞ~(^^)/

なんかなぁー

 

 今日は、雨がザァーと降っているせいか、気分か晴れない。ま、ただ単に明日情報の課題の提出日っていうだけなんだけどねえー

 

f:id:yutos-public98:20180707150714p:plain

 

 プレゼンの発表で、スライドは7~8枚。スライド一個一個に発表する内容を書いて、提出らしい。発表内容は何でもいい。高校生か!みたいな

 

 自分はいつも文章をブログで書いているから、全然苦にならないだろうと思ったんだけど、ブログは趣味であるから、言われてやる”課題”は何かと大変に思われるショボーン体育のあとっていうのもあって「あーかったるいなぁ」って感じ。

 

f:id:yutos-public98:20180707150726p:plain

 

 あと、行動を共にしている班では「独立行政法人と公立研究所の研究員」についてプレゼンしないといけない。独立行政法人は、調べてみれば見るほど構造が複雑だからこちらも「かったるいなぁー」って感じ。

 

 でも、こっちのほうが自分としてはいいかもニヤリ上のプレゼンは、お遊び感覚で、下は結構真面目にやるつもり。もしかしたら、大学院行って、研究職っぽいことするかもしれないしキョロキョロ自分がもし大学院に行くのであれば、「ハーバーボッシュ法によって生成された窒素化合物の分解」に関する研究がしたい!と考えている。

 

 人は、大気から肥料を作る方法を編み出した(ハーバー・ボッシュ法)これによって、食糧危機は回避されたと安心していたんだけど、たくさん作りすぎたんだよ。その結果、別のところで問題が露呈した。それが、赤潮

 

 海に窒素化合物が溢れてしまった。よって、それを分解しようとするプランクトンが増えた。分解には大量の酸素が必要だから、水中にある酸素が消費された結果、「赤潮」が引き起こされてしまった。自分はこう考えている。厳密にあっているかわからないけど。

 

 自然が分解できる許容の範囲を遥かに超えた窒素化合物の流布によって、生態系がバランスを崩している。元を辿れば、人間が引き起こした結果。だから、もし大学院に行ったら、窒素化合物を効率よく分解する装置をつくるかもしれないし、このことを本気で追及するかもしれない。

 

 だから、独立行政法人のスライドは頑張るぞニコニコ←(ご当地グルメのスライドもちゃんとやります)今日は、はやく家に帰ってゴロゴロしたいキョロキョロよし、課題が終わったら帰ろう。いつまでも現実逃避してちゃダメだΣ(^^;)

 

億劫な気分だけど

 

早く課題を終わらせようニコニコ

 

<追伸>

 

 読み返して、誤字脱字を見つけたので改良ジャンルを「大学生」から「教育・研究」に変更そして、文章を分かりやすくした(6/07 19:31)