Yuto.Sのブログ

アメブロから移転してきました!よろしくお願いします

この世の枠組みを理解

 

 こんなことを最初に書くのは初めてかもしれない。いつも読んでくださっている皆さんへありがとう。今日の記事は、読まなくても大丈夫ですニコニコ思いついたことをただ、ダラダラ書いているだけの記事。

 

 ただただ長いし、途中論点がズレちゃったしガーンなに書いているのか、自分でもよく分からなくなっちゃった。ボツですね。いままでの記事を読んでいる方は、ご察しの通りかもしれませんが文章を書くことが僕は苦手のようです。よくズレるし...ショボーンでも、それでも続けようと思っています。

 

 このブログは自分の為に書いているブログですが、やっぱ、いいねを押されるとめっちゃ嬉しいし、テンション上がります爆  笑応援している方、本当にありがとうございます!【ボツの理由】・・・長い,論点のズレ

 

 ※最初に断っておくが、僕は宗教といった概念は好きではない。こんにちの宗教による思想の食い違いで一体どれほどの方が犠牲になっているのかを考えると、安易に「神様が...」とか、使いたくはないから。「この世界の枠組みを理解」というタイトルである以上、いかにも宗教チックな話題ではあるけど、そういった概念は一切排しているつもり。

 

 【性格】「やさしい人」「まじめな人」「おこりっぽい人」「うちきな人」世の中、いろいろな性格を持ったヒトが世界中に存在している。また、【身体】「けんこうな人」「しっかんをもつ人」「しょうがいをもつ人」性格だけでなく、身体面においても同様のことが言える。

 

 どうして、こうも多様なヒトがいるのか。という問いに対して自分はこうして多様である方が、「きたるべきとき」に備えることが出来るからだと解釈している。「きたるべきとき」とは、環境の目まぐるしい変化である。

 

 一見、健常者の方が障がい者よりも良いとされるが、健常者だけに罹る致命的な病気が蔓延したらどうだろう。健常者のみの世界では、ヒトが全滅してしまうかもしれない。だから安易に、障がい者はかわいそうというべきではないと自分は考えている。かわいそうになるのはむしろ健常者かもしれないのだから。

 

 今、【身体】面において「一般的に良いとされていること。望ましいこと」を別の角度から見て考えを凝らしてみたのだけれど、【性格】に於いても同様のことが言えると思う。

 

 その昔、恐竜が全盛期だった頃に哺乳類は隠れて、身を潜めて生きていた。ここで、危険を顧みずに外へ飛び出した個体は、食べられていたかもしれない。いち早く危険を察知して、ひっそりと身を隠すことのできる個体だけが生き延びれた。

 

 しかし、6500万年前隕石が落ちてその過程で世界中に広がった粉塵が地球全体を覆うようになると日光が当たらなくなり、光合成が出来なくなって植物が枯れてエサのない恐竜がバタバタと命を落とすようになった。

 

 すると、天敵がいなくなったことで哺乳類は生存区域を広げることができた。ここで、いつまでも洞窟にひっそり身を隠していると生存域が広げられず、ライバルが多くなってしまう。今度は未知なる挑戦が出来る個体が生き延びれたと言えよう。

 

 こうして、例えばマンモスの狩りが始まるころには危険を顧みない果敢なヒトが生存に有利だっただろうし、農耕が始まるころには粘り強く作業をこなすことのできるヒトが対人関係を築く上でも有利だったと考えている。

 

 戦争が始まるころまでは、粘り強く作業をこなす人(小作人,科学者)や、カリスマ性に溢れる人が生存上有利だったが、工業化が進み、また、多くの人が今日明日を生き延びることで精いっぱいでは無くなった現代社会では、労働がそれまでの「生き延びる手段」から「仕事を通してスキルや技術を身につける」といった「自己実現のための手段」になった。

 

 それによってヒトの意識も変わった。農耕時代から戦前まえの真面目な性格の人が評価をされる時代は残念なことに終わってしまったように感じる。今の「スマホ」「テレビ」「食料」「医療」等は、そういった生涯を懸けて真面目にコツコツ研究した人たちの成果の賜物の上に成り立っているというのにね。今は、仕事の多様化も進み

 

  • 「いかに今を楽しむか」
  • 「いかにラクをするか」
  • 「いかにラクをしてお金を稼ぐか」

 

そういった思考に人々が変化しているように感じざる負えない。恐らく、性格上で「真面目」が生存に有利な時代は終わった。今、この世で一番有利な性格は上記の人々であると思った。簡単にラクして稼ぐには、真面目に働く人を最大限にこき使うこと。コンビニのアルバイトなどがそうじゃないかな。

 

 一企業が多くの真面目な人から時間とお金を搾取するシステム。過労死も、真面目に働く人を限界まで搾り取った結果に思われる。真面目な性格を持つ人が、この世を牛耳していた時代が終わり、ついには上記に書いた人達の奴隷に成り下がってしまった。

 

 まとめると、これから人生を過ごしていく中で、どう考えても不条理なことがあるかもしれない。「なんで、自分はこんなにも頑張ったのに、こうなるの?は、意味が分からない!!!」「どうして、こんなにもやっているのに報われないの」

 

 でも、一歩距離を置いて見るといいかもしれない。いつか報われると思って頑張っても、いつか破綻するだけ。壊れるだけ。過労死,鬱病,依存,etc...それは真面目な人が悪いんじゃない。社会の今の「時代」がそうなだけ。だから、今がそういう時代であると頭に入れておくだけでも気が楽になるかもしれない。

 

久しぶりに

 

すごい書いた(笑)