Yuto.Sのブログ

理系大学に在学中の2年Yuto.Sと申します!毎日のんびりと更新しています(´_ゝ`)ごゆっくりどうぞ~(^^)/

戦前の品格

 

 ここ最近、歴史的に貴重な写真というものを閲覧している。

 

karapaia.com

 

 そこには、世界中のならわしやしきたりを垣間見ることが出来るのだけれど。

 

f:id:yutos-public98:20180709134214j:plain

画像の引用:We are 侍 JAPAN!オーラがハンパない昔の日本人の画像30選

 

 それらの写真から貫禄を感じざる負えない。彼らは、物質的な意味では現代と比べて貧しい暮らしをしていたかもしれないけれど心が豊かであったことが窺える。ああ、美しい。

 

f:id:yutos-public98:20180709134321j:plain

画像の引用:ブライドルレザーの鞄 英国紳士の“スタンダード”

 

 グローバル化の荒波を受けて各国の文化,思想が破壊され、さらにインターネットの普及によって粗悪なものが世の中に溢れかえり、深刻なモラルの低下を引き起こした。残念なことだけれども。

 

f:id:yutos-public98:20180709134718p:plain

何も知らなかったウェイ系大学生の俺が1年間ガチでベンチャー企業で働いてみてわかったこと | ウェイ系大学生からの視点で意識高い系なことを更新していくブログ

 

 しかし、100年以上前の世界と一つだけ決定的に違うことがある。それは『"モノ"が溢れている』ということ。粗悪品が多い世の中だけれど、注意して調べれば素晴らしい"モノ"に出会える。

 

 さらに、人々は、科学技術の進歩によって"物質的な"豊かさを得たが、同時に、"心の"豊かさを失った。という手垢にまみれた言葉があるけど、見方を変えれば”心の豊かさ”を得られれば、昔の人でも成しえなかったモノとココロの豊かさを持った人が生まれることを意味する。

 

 心の豊かさは、日頃の言動や、考え方、礼儀、作法で変えられると思う。「人を見下さない」「多角的な視点で人やモノを見極める」(→偏見はダメ)等々...

 

昔の人から心の豊かさを学んで

 

実践してみよう