Yuto.Sのブログ

理系大学に在学中の2年Yuto.Sと申します!毎日のんびりと更新しています(´_ゝ`)ごゆっくりどうぞ~(^^)/

ワックス剥離作業 / ワックスがけ2日目

 

yutos-public98.hateblo.jp

 

 昨日「実家に帰ったのでワックスをかけようと思ったけれど既存のワックスを一度全部はがして新しいワックスをかけることにした」という記事を書きました。

 

f:id:yutos-public98:20180805101348j:plain

 

 今回のワックスがけの一番重要なイベントは、この「ワックスはがし」の作業です。上記の写真は今まさにワックス剥離剤を散布して、専用のスポンジで擦って、溶かしているところです。左は全部はがし終えたので、床に沿って右へ移動しています。

 

 剥離前に全面水拭きをしているので、はがれてくるワックスの色はふつう、乳白色状の液体なのですが...

 

f:id:yutos-public98:20180805101401j:plain

 

 これ、一番ショックでしたね。はがしたときに、ワックスの塊がでてきました(・・;)上記画像の、液体にところどころ混ざる灰色の塊のことです。明らかに、塗りムラがあったことを示しています。

 

 しかも出てきたワックスの塊の色が灰色だということは、汚れにワックスを重ね塗りしていた証拠です(゚Д゚;)ガーン『善意でやっていたことが実は、汚れにワックスを厚塗りしていただけだった』と気づいた瞬間でした...ううっ

 

 でも、この”汚れに厚塗りしてしまったワックス”をはがしたことによって、剥離のコツを学び、技術が向上しました!それが、一枚目の写真。スピードも格段に上がりましたね(@^ω^) /ヤッター!

 

f:id:yutos-public98:20180805101436j:plain

 

 個人的に嬉しかったのは上記の床Yuto.S家では、『この床はデコボコでボロボロだから、また張り替えないといけないね』と思われてきました。パッと見、ガタガタです。ワックスを塗るたびにおうとつが返って目立つのでここのワックスがけは毎回、億劫になっていました。でも、上記の床、実は...

 

f:id:yutos-public98:20180805101418j:plain

 

 ワックスが剥がれてデコボコだったのであって、床がデコボコではなかったのです。はがしてみたら、かつて、張り替えた時のような奇麗な床が蘇りました!上記の写真。左が剥離前,右が剥離後。ここはダイニングで椅子が頻繁に移動します。ワックスが椅子の移動から床を守っていたのですね!

 

 でこぼこが消えて嬉しかったのもありますが、ワックスが床を守っていたことに気が付くと『今まで、こまめにワックスをかけていて、よかったなぁー』としみじみ感じます(^_^)

 

f:id:yutos-public98:20180805101751j:plain

 

 こちらの区画、半面ですがはがし終えました!左手に写っている絨毯と机とソファーが移動できなかったので、上記の写真の床を三回ワックスかけて乾かしたら、絨毯と机をここの区画に移動させてまた、左の区画のワックスをはがしていきます。

 

あと半日

 

頑張るぞー!(...右腕、疲れてきた)

 

<追記>

 

三度目のワックス、かけ終わりました...

 

f:id:yutos-public98:20180805115458j:plain

 

 このペースだと、家全体(可能な範囲)をやるのに、ワックスはがしもう一本と丸4日必要ですね。忍耐力は昨年の浪人で培ったので何ともありませんが、右腕がどこまで持つかは、分かりません。やれるところまでやってみます。

 

正直、なにをしているのか

 

分からなくなってきた