Yuto.Sのブログ

理系大学に在学中の2年Yuto.Sと申します!毎日のんびりと更新しています(´_ゝ`)ごゆっくりどうぞ~(^^)/

休憩 / ワックスがけ4日目

 

f:id:yutos-public98:20180807133254j:plain

 

 なんとか、左の区画のワックスがけ(3度塗り)が終わりました!ここで、集中力がぷつりと切れてしまいました(;^ω^)

 

 残念なことに、この三日間のワックス剥離&ワックス三度塗りがいかに生ぬるい作業だったかを思い知らされる(今までは練習)次の区画最終区画が残っているんですけどね。今日は、おやすみします...というか、疲れがドッときたのか、ずっと寝てましたΣ(^^;)

 

f:id:yutos-public98:20180701111114j:plain

 

 気付いたことなのですが、前回帰省した時にはこのように配置していました。でも、今回のワックスがけで絨毯「ACADEMIA」はこっちの方がいいんじゃないかなと思って、左の区画には移動せずにダイニングテーブルの下に配置することに決めました!

 

f:id:yutos-public98:20180807133501j:plain

 

 荘厳たる品格を感じさせますね(^^)/!テーブルと椅子が見事に栄えました!ここに、テーブルランナー(センターとも言う。真ん中に敷く長い細い帯状の布のこと)を敷くと最高なのですが...うちにはどうやら無いようです...

 

 掃除していて感じたのですが、僕は今大学一年生なので、大きな休みが取れます。しかし、僕が働くようになると、こんなこと(お家のレイアウトや掃除,メンテナンス等)とてもじゃないけどやっていられません。膨大な時間が必要だからです。

 

 一番いいのは、結婚して奥さんに専業主婦になってもらって、自分が働き、奥さんが親や子どもの面倒をみてもらったり、家のお掃除をやってもらうことなのですが、女性が働くこんにち、「男は働いて、女は家事に従事せよ!」などという昭和のステレオタイプの考えでいると、社会に笑われてしまいます。

 

 第一、親愛なるパートナーが「働きたい」と言っているのに「それはダメだ」といっているようでは奥さんのことを大切に思っていないのも同然です。

 

 

ただ、両親が共働きだと、僕みたいに「毎日家でひとり」という悲惨な幼少期を送るのも事実です。「ゆうとにはひもじい思いをさせたくない」という想いで働いていたようですが、「家族で揃ってごはんを食べたかった」とか「公園で遊びたかった(一度もない)」では、子どもは寂しい思いをしてしまいます。自分がそうだったので、よくわかりますけどね。

 

 

 両親は共働きで、子どもは保育園や幼稚園等、おじさまおばさまは老人施設、家に誰もいないときは自宅警備システムおかしくないですか。このご時世、誰がおもしろいと感じるでしょうか。人間味を感じません。こころが貧しくなって久しい世の中ですが、このままいくと無くなってしまいます。

 

 

そこで、思いついたのが、「家政婦さんを雇うこと」

 

www.downtonabbey-tv.jp

 

 Yuto.S家はもう一軒あるので、そこに住んで貰ってそこからうちに来てもらう。労働時間は10:00AM - 16:00PM。労働内容は

 

  • 親の面倒を見て貰う
  • 子どもの面倒を見て貰う。子どもの送迎等
  • 洗濯、掃除、(ワックスがけ等の)お家のメンテナンス、お食事を作ってもらう

 

 これならば、男女が働く現代の日本に対応しているかと思います。雇われるほうも、家賃代が浮くことは助かる事だと思うし、家が別々なのでもし雇われる方の性別が女性なら、安心できるでしょう。

 

 16:00PM以降は実家等に帰ってもらってよし。ブラック企業が乱立する今、非常にクリーンだと思います。Yuto.S家には、庭師さんがいるので、家政婦さんがいても、いいのではと考えました。

 

f:id:yutos-public98:20180807133630j:plain

 

 今年の5月にYuto.S家に泥棒が侵入してきたときに割られたガラスこれ以降、Yuto.S家では自宅警備システムを導入した。

 

 

 家政婦さんが一人いれば、雇用主としては

 

  1. 子どもは寂しい思いをしなくてもいい
  2. 異変があれば、通報してくれる(自宅警備がなくても安心できる)
  3. もし、親の体が弱くなっても面倒見て貰える
  4. 両親ともに、仕事へ集中できる。(保育園や幼稚園の送迎をしなくてもよい)

 

 雇われるほうとしては

 

  • 給料がもらえる
  • 家賃代が浮く
  • 勤務時間外はパートに出たりして、自由に時間が使える

 

 双方に利益の出るよい方法かもしれませんね^/^そういったかたを雇える職に

 

僕が就けるかどうかは

 

また別問題ですけど...(= =;)