Yuto.Sのブログ

理系大学に在学中の2年Yuto.Sと申します!毎日のんびりと更新しています(´_ゝ`)ごゆっくりどうぞ~(^^)/

読書の秋(天空の蜂)

 

 季節を感じますね照れ朝、寒くて「布団から出たくないなぁー」と思うこの頃です。さて、Yuto.Sは「この一年で多くの本を読むこと」を目標にしていたのですがあまり読めていませんガーン最後に読んだのは7月でしょうか...痛恨の極みであります。

 

 ただ、怒涛の7月から9月を過ごしてきたことをかんがみると、「仕方のないことかな」と思います。10月になってようやく落ち着いてきたので、今日は久しぶりに本を読み進められましたニヤリ

 

天空の蜂 (講談社文庫)

天空の蜂 (講談社文庫)

 

 

 1995年東野圭吾作『天空の蜂』です。爆弾が積まれた超大型ヘリを、原発の真上にホバリング(ヘリが空中で静止)させる犯人の要求は「日本全国の原発を使用不能にさせること。さもなくばヘリを原発に突き落とす。」

 

 福島第一原発の事故(2011)が起こるずっと前に書かれた作品であることもあって、あの事故の後に反響を呼びました。2015年には映画化された作品です。見てませんが...

 

 この本は文庫本で600ページ超のボリュームを持つ本ですキョロキョロ...多いやっと半分を超えたところ(360ページ目)で終わりはまだまだですが、布団の上でゴロゴロ転がって楽しく読んでいますニコニコ

 

みかんとこたつがあれば

 

最高なんですけどねΣ(^^;途中で寝そう