Yuto.Sのブログ

アメブロから移転してきました!よろしくお願いします

最近世の中がおかしくなっている

 

1.最近世の中がおかしくなっている

 

 時代は常に変化しています。なので安直に「最近世の中がおかしい」と結論を急ぐべきではないことは重々承知です。しかし、それでもやはり「世の中がおかしくなっている」と僕は思います。

 

2.会話の重要性

 

f:id:yutos-public98:20180815163257j:plain

 

 上記の写真は、僕の今日の晩御飯です。おかずの代わりにミカンをむしゃむしゃ食べておりました。この二つはとりあえず作っておかずだけを買ってくるというのがYuto.Sのスタイルなんですけどね。

 

 よく、「ご飯はどうしているのか」と聞かれて「二品は作ってあとの一品は買ってきている」というと『すごい』と言われますが、そんなことはありません。なぜなら、

 

  • お米 → 市内の農家の方
  • 蜜柑 → 県内の農家の方
  • 揚げ → 市内の製造者
  • 豆腐 → 同上
  • 味噌 → 同上
  • 他  → 同上
 
 僕が作ったものは何一つないからです。お米作れないし、豆腐の加工方法も知らない。言い換えればただ単に買ってきたものを食べやすいように調理しただけです。
 
 仮に、製造者の方がいなくなったとします。すると、自分は何も製造するすべを知らないので、何も作れず,食べられずに干からびてしまいますね。
 
 人は単独では無力な存在です。パスカルが「人は考える葦である」と言ったように。お互い助け合って生きていかないと生きていけない生き物なのです。
 
 当然、相互に助け合うには意思を伝えなければなりませんから、「会話」が大切になってきます。「豆腐ください」とか「お米ください」とか。人と向き合って話すということはとても大切なことなのに

 

3.利便性は増したが、人間味が減った

 

 最近、世の中から「会話」がめっきりなくなってしまったように思えます。これが「最近世の中がおかしくなってきている」と冒頭に述べた理由です。

 

  • みんな、お互いに「無関心のフリ」
  • 声をかける(挨拶,道を尋ねる)と、不審者扱いされる
  • 逆に子どもは「知らない人にあいさつしてはいけない」と指導されている
 
 挙げたらキリがありません。幼い頃と比べても周りとの(特に知らない人との)会話が激減したと思います。人間は話してなんぼの生き物なのに...ね。
 
4.社会を変えていくことは、できないのだろうか
 
 今回、座間9遺体というとても悲しい事件が起きました。しかも、今回の事件の特徴は全員が自殺を望んでいたという点。僕も、高校1年生の時に学校生活がうまくいかず「死んでしまいたいな」と思ったとき、担任にその旨を相談しましたよ。あと、家族にも。
 
 高校2年になって学校生活がうまくいくようになったこともあって、今は何とか生きています。僕は、恵まれていたかもしれない。いろいろな人に相談して、助けを乞うことが出来たから。
 
 でも、今回犠牲になった人はきっと誰にも相談できなかった。そんな苦しい境地の中で相談に乗ってくれた方が今回の被疑者だったのですね。大変残念な話です。
 
 今回の事件は、「親と子」「先生と生徒」「友達」と会話『コミュニケーション』を取れていたならば起きなかった事件だったと思います。それが希薄だったため、その場をSNSに求めた。
 
 被害に遭った彼女らは、相談できなくて、苦しくて、寂しかったのではないかと思います。SNSにしかそういった場所がない今の時代はやっぱりおかしいと思います。気持ち悪い。
 
 4のお題、自分で立てたけれども、一朝一夕では回答を出せる気がしません。なので、時間のある時にゆっくり考えてみたいところですが、果たして答えは出るのでしょうか...でも、これだけは言えると思います。これを念頭に、4.の答えを探したいなと考えました。
 
人間の心は機械のように
 
割り切ることは決してできない