Yuto.Sのブログ

理系大学に在学中の2年Yuto.Sと申します!毎日のんびりと更新しています(´_ゝ`)ごゆっくりどうぞ~(^^)/

ファストファッションの功罪

 

 Amebaブログをされている方なら、右側のAmebaトピックスにて「○○で3色買い!プチプラなのに高見えするコート」と謳った記事を見たことがあると思います。

 

 しかし、僕はこのような記事に対して違和感を感じざる負えません。例えば「なぜ、そんなにも安いのか」それをきっかけにファストファッションがどういったものなのかに興味を持って、調べることにしました。すると...

 

 

 一本のドキュメンタリーにたどり着きました。どのようにして、低価格の服が作られているのかに焦点を当てた長編ドキュメンタリーです。

 

youtu.be

 

 安価な服を買う人の中には「お金をどう使おうと私の勝手でしょ」という人がいます。

 

  1. たくさん服を毎日買って
  2. それをブログに載せて
  3. PV数でお金を稼ぐ
 
それは、
 
  1. たくさんのPV数によって広告主から報酬が貰える運営側
  2. 服をたくさん買ってくれるファストファッションのお店
  3. たくさんのPV数に応じて運営側からお金が貰えるブロガー
 

 彼らにとってはWin-Winの関係かもしれません。しかし、そのような陰で誰が大きくLostしているのかを考える必要があるでしょう。

 

 「やったー!割引だ!安い!」ではなく「どうして、そんなに安いのか」という懐疑的な眼差しで物事を見つめる大切さを知る、そんな一日となりました。
 

f:id:yutos-public98:20180818120425j:plain

ダッカ近郊ビル崩落事故 - Wikipedia

 
 まさか、発展途上国バングラデッシュ)で安価な服を生み出しているファストファッションの下請け工場(ラナ・プラザ)が倒壊し、死者1,127人負傷者2,500人以上も出した事故が2013年に起きたなんて、誰も知らないはずです。
 
 違法な操業が引き起こした事故ですが、日本で放送されていないのもそのはず。ファストファッションの多くがテレビ局に広告(お金)を出しているので、そんな広告主様を貶める記事などテレビ局は放送できるわけがありません
 
 自粛したのではないかと思われます。インターネットがあったから、今回ファーストファッションの負の部分を知れたと言えるでしょう。
 
 ...とは言え、一概にファストファッションを糾弾することはできません。なぜなら、このブログを書いているYuto.Sのインナーが「ユニクロヒートテック」だからです。ファーストファッションの恩恵を享受する身として、「安物はいけない」ではなく「安いものと、これからどう付き合っていくのか」が大切なのではないかと感じました。
 
 「単に安い」や「安いのに高く見えるという点に惹かれて商品を購入している」のだとしたら我々消費者は(映画ではそういう呼び方は嫌いで、カスタマーと呼んでほしいとある)そういった考えを改めて、商品がどのようなプロセスを経て製造されているのかを知り、
 
購入することが
 
大切であるかもしれません