Yuto.Sのブログ

アメブロから移転してきました!よろしくお願いします

購入した本の到着

 

 先日、本を7冊購入したという記事を書きました。本と言っても漫画や小説ではありませんが(^^;書店にはなかなか無いマイナーな本の数々だと思うので、先日Amazonで注文した次第です!

 

f:id:yutos-public98:20180821172631j:plain

 

 最近、ネットばかりやっているように感じます。友達も、少し時間が空いたり会話が弾まなくなったりしたらスマホを見たり触ったり...

 

 これは僕の自論なんですけど、昔は「たばこを吸っている男性は知的でカッコいいと誰もが思う時代があった」とどこかで聞きました。今では信じられないと思いますが。

 

 喫煙がカッコいいと信じてやまない30年くらい前の青年がたばこを吸って恰好をつけたが、科学が進歩する中でたばこの有害性,中毒性が指摘され、いつしか負の面が目立つようになり大きくなった大人やお爺さんが子どもに「たばこ吸うなんてダサい,クサい,コワい」と言われる"逆転現象"が目立ってきているように感じます。

 

 しかし、これはネットにも当てはまるかもしれません。Yuto.Sが大人になったとき「あんな下品で思慮深くないネットの記事を鵜呑みにする大人達って、ダサい」と子どもに言われる日が来るかもしれません。将来を予測するって難しい。

 

<読み終えた本>

 

ネットのバカ (新潮新書)

ネットのバカ (新潮新書)

 

 

 さて、今日は上記の「ネットのバカ」を読み終えました。題名が幾分過激ですよね(‥;題名通りAmebaFacebookの「いいねボタン」を『ただの承認欲求と自己顕示欲だ』と一蹴しているところを読むと、辛辣だが正論だなと頷き関心する内容が続きます。特に、最後の締めくくりがゾッとしました

 

 フェイスブックの友達が何千人いようと、ツイッターのフォローワーが何百人いようと、お前がこの1カ月で実際に飲んだ、食事をした、遊んだ人間は何人いる?電話をかけた人間は何人いる?せいぜい20人くらいだろ?(ネットのバカ終章,p213,中川淳一郎,2013)


 ソーシャルメディア上のその"友達"、本当に助けてくれますか?葬儀に来てくれますか?(p217)

 
 よくよく思い返してみるとYuto.Sのブログを通して繋がりを持った方の中で実際にLINEを交換したり電話で話したりしている人は1人です。実際に会った人は皆無。ネットの繋がりも大切ですが、リアルの友達との付き合い方をもっと大事にしなければとそう考えさせられる本でした。
 
 でも、ネットは日常生活で必要不可欠のもの。どちらかに傾斜(依存)するのではなく持ちつ持たれつが大切かもしれません。
 
よし、どんどん
 
読んでいこう!( `ー´)ノ