Yuto.Sのブログ

アメブロから移転してきました!よろしくお願いします

シルク100%パジャマの購入

 

f:id:yutos-public98:20180821182056j:plain

 

 最近、衣類を購入するときにやたらこういう謳い文句を聞く。「安いのに高くみえる」そういった商品は値段も素材も大したことないけれど、凄そうなものとして周りから認識される。でも、本当に凄いものを見たことがあるかと言われれば、答えはNOだ。

 

f:id:yutos-public98:20180821182107j:plain

 

 例えばこれ。上記のパジャマは高校2年生の時に買った寝間着。見た目からして豪華そうなパジャマだけど、なんてことはない。ポリエステル100%のパジャマ。

 

 駿台寮での浪人時に、このパジャマを着て食堂でご飯食べていたら、「高価そうな寝間着ですね」と声をかけられたことがある。クラス担任の先生にも同じことを言われたから周りの目にはそう映るのだろう。

 

 でも、「高価でないのに高そうな服を着る」ことを続けていると、肩身の狭い思いをする。ちょうど、ニセモノのブランド品を身に着けて『周りから凄い』と言われる感覚に近いんじゃないかな。「実は○○なんだよ(ドヤッ)」というよりもむしろ「なんだか申し訳ない」という気持ちのほうが強くなってくる。

 

 だから、今回は「高そうなもの」ではなくて、「本当に高価なもの」を買ってきた。それがこの「絹(シルク)100%パジャマの"睡眠科学"」パジャマはこだわりにこだわると"絹素材"に行き着くらしい...!

 

f:id:yutos-public98:20180821182125j:plain

 

 実際に着てみると、まさに未知の領域。「なんて、絶妙な肌触りなんだっ!」しかも、ポリエステルで真似して綺麗に織ったサテン生地の光り方とも全然違う('_';)やっぱり、本物って凄いなぁ~;つД`)

 

f:id:yutos-public98:20180821182137j:plain

↑(いままさに、このブログを書いている途中のYuto.Sの服をフラッシュをたいて撮影)

 

 いかに高そうなものを身に着けても,結局は自己満足に終わるだけで、何も身にならない。それどころか、ただの時間の無駄になってしまうことがある。ちゃんと宿題をやった子と、答えを丸写しにしてそれっぽく仕上げた子の宿題を見ると、"見た目"は同じかもしれない。けれども、何年も続けると、両者の違いは大きくなって表れてくる。

 

 見栄を張ることに時間と労力を割くのではなく、自分が成長できることにもっと時間をかけよう。今回の絹パジャマの購入でそんなことを思った。

 

それじゃあ、高そうなパジャマ

 

捨てますか