Yuto.Sのブログ

理系大学に在学中の2年Yuto.Sと申します!毎日のんびりと更新しています(´_ゝ`)ごゆっくりどうぞ~(^^)/

過去最高のアクセス人数

 

f:id:yutos-public98:20180821205042p:plain

 

 きのうは東海地方を中心に過去最高のアクセス人数を観測した。日本27人アメリカ1人インドネシア1人計29人。日本だけに焦点を当てると17都道府県24の市町村。分析ツールに記録された人だけだから、もっといたのかもしれない。上記の画像はアクセス解析の結果を地図にしたもの。

 

f:id:yutos-public98:20180821205051p:plain

 

 実は、昨日という日は「国公立前期の合格発表日」のさなか。アクセスのあった記事はピンポイントで「駿台の寮での一年の生活を記した記事」だった。つまり、国公立前期一般の試験でうまくいかなかった人がアクセスをされたのだと思われる。アクセス人数が過去最高だったことはちょっと嬉しい反面、「どうしてアクセス人数が多いのか」という"背景"を知ってしまうと、喜べない。

 

 2017年度大学入学者における一般率は【国立】83.1%【公立】71.6%【私立】47.9%となっている(参考文献1)私立は2人に1人が「指定校推薦・AO入試・内部進学」経由で入学しているという計算だ。また、旺文社によると、全国の私立大学の4割にあたる数が定員割れを起こしている(参考文献2)

 

 残念ながら「いかにラクをして、レベルの高い大学に入るか」というのが最近の傾向のように感じる。そのために一般では入れないような学生が、推薦・AOを受けるために自分を誇張しようと努力している。浪人生もかなり減ってきた。

 

 しかしこのような時代で、志を曲げずに浪人という道を選択し、第一志望に向けて邁進しようとする人は強い人だと思う。僕も、浪人を経験した身だから分かるけど、サボろうと思えばサボれる浪人生活で、最初から最後まで気を抜かずに過ごすというのは難しいこと。そういう人を心から応援したい。

 

あの記事が一人でも多く

 

役に立っているならば光栄です

 

<参考文献>

 

  1. 一般入試入学者の割合、国立83%・私立48%|旺文社
  2. 私立大「入学定員割れ」229大学・39.4%|旺文社教育情報センター