Yuto.Sのブログ

理系大学に在学中の2年Yuto.Sと申します!毎日のんびりと更新しています(´_ゝ`)ごゆっくりどうぞ~(^^)/

思考格差

 

 最近、「人間は二種類に分けられるんだな」と常々思う。なぜ最近になって気が付いたのかというと、小→中→高→浪→大と進んできた人生,一クラス30人-40人。学年全体でもせいぜい200-300人という狭い空間にいたから気が付かなかったから。

 

 でも、こうして実家に帰省してそれぞれの道を歩んでいったかつての友達と集まってご飯を食べたり実際に会って話してみるといい意味で「昔と変わったなぁ~!」と思う反面、中には悪い意味で変わってしまった人もいることにふと気が付いて驚いた。明らかな思考格差が起きていた。

 

  • 前者は他人の努力や成功に敬意を表して接し,失敗には憐憫の情をもって接する
  • 後者は他人の努力や成功をひがみイラつき,失敗にはあざ笑ってけなす
 

言い換えて書くと

 

f:id:yutos-public98:20180822121228p:plain

 

  • 前者「おお、○○を成し遂げたんだねウインク」「そうか、それは辛くて大変だったね...ショボーン

 

f:id:yutos-public98:20180822121242p:plain

 
  • 後者「あいつ、最近調子こいてない?○○のくせに!!プンプン」「マジウケる!ざまあ(笑)笑い泣き
 
 実家に帰ってきて、久しぶりに小中の頃の友達に会うと、後者の考え方を持つ人が少なからずいる。昔はそういう人と接すると「嫌だなぁ」って思っていたけれど、今会ってみるとなんだか可哀そうに見える。
 
 「この人は、あのころから全く成長していないんだ。」こう思ってしまう。また、昔はよかったのに今は全く変わってしまった人も中にはいる。大変残念に感じるよ。そういう人とはもう関りを持たないだろうけど...一緒に幼少期を過ごした人もいる。
 
寂しく思えるなぁ…
 
諸行無常(ー ー;)