Yuto.Sのブログ

理系大学に在学中の2年Yuto.Sと申します!毎日のんびりと更新しています(´_ゝ`)ごゆっくりどうぞ~(^^)/

高校時代の同級生とカラオケ

 

 今はあんまり運動できていないけれど、高校時代には水泳部に所属していた。とは言ってもあまり真面目に参加していたわけじゃないけど(^^;)

 

 さて、同級生で同じ水泳部員は10人。そのうち自分を含めて4人のメンバーで-春休みや夏休みのタイミングを見計らって-集まりを定期的にしている。2人は県内の大学に進んだけれども、僕ともう一人の友達はそれぞれ広島と宮城の大学に進学したため、なかなか集まれないけれどこうして集まれることをとても嬉しく思う(∩´∀`)∩!

 

 今日は夕方に集まって近くのお店で食事を済ませた後,満開に咲く夜桜を見て(花見)カラオケで歌って解散となった。実は、カラオケの時間が深夜を超えてこのブログがこの日に書けなかったので0時にして投稿した次第←

 

 4人とも理系(工:情報,工:不明,農:水産,農:環境)なんだけれども、みんな大学院に進学予定ということなので大変驚いた!特に、東北大に通っている水産学系の友達が東大院を志望しているということなので、「ええー!」みたいな(;^ω^)...

 

 僕は正直言って「早く働きたい」というのが本音で、学部卒で働きたいと思っている。でも、理系の宿命なのか理系の友達はみんなこぞって大学院に行くらしい。自分の場合だと、【公】県立広大(学士)→【公】県立広大(修士)か、ランクアップして【国】広大(修士)または、同じ学部の系統が学べて深く掘り下げられる【公】京都府立(修士)...こんな感じですかね('_';)

 

 文系は分からないけれど理系には、企業の求人や独立行政法人の求人に【理系修士卒以上】というものがある。これは、この求人は率先力を期待されるのが4年制の学士に対して専門性に重きを置いた6年制の修士を採用するということ。「大は小を兼ねる」じゃないけれど、修士卒(6年)の求人に学士卒(4年)の人は申し込むことができないから、修士でいいじゃんという意見がある。

 

 しかし、よく考えてみると学部卒予定は2021年04月。オリンピック後というのがさらに事を複雑にしている。オリンピックという名のカンフル剤を使った好景気の後は決まって不景気になる。つまるところ、修士で大学院に行っていたら、第二の就職氷河期に突入するかもしれない。十分に考えられる。小難しい話になっちゃったけれど、そういった議論をしつつ大学のことを話せられたのはよかった!

 

また、夏休みに会う予定なので

 

楽しみです(^<^)!