Yuto.Sのブログ

理系大学に在学中の2年Yuto.Sと申します!毎日のんびりと更新しています(´_ゝ`)ごゆっくりどうぞ~(^^)/

リーガルで靴を磨いて貰った

 

 昨年の11月に「リーガルで黒の革靴(プレーントゥ)を購入した」という記事を書いた。あれから4カ月のあいだ、ほぼ毎日履いている。実は、USJに行った時も履いて一日中歩き回ったほど(^^;初日は痛くて返品しようかと思ったけど、どうやらそれが革靴を初めて履く人の最初の試練らしい...今はもう十分に柔らかくなって、すっかり自分の足になじんだので、大学,車校,実家帰省,革靴は生活の一部となった。

 

yutos-public98.hateblo.jp

 

 さて、新幹線で名古屋から広島へ戻る際に友達と会ってボーリングに行く前に「リーガル広島本通店」に寄った。実は一部のリーガルでは、靴磨きを有料で行ってくれる店舗がある。ここ最近、忙しくて革靴の手入れができなかったことと、「本当に自分の革靴の手入れがあっているのか」という一抹の不安が有ったため今回利用してきた。

 

 前回書いたようにCanonのミラーレスカメラを実家に忘れたので、iPhone6Sで撮った写真を掲載する。見劣りするかもしれないけれど、GWの帰省までのあいだ我慢したいと思う。

 

f:id:yutos-public98:20180822130445j:plain

 

 磨いてもらったら、美しくなって返ってきた!長いピンセットでつま先のホコリを取ってもらったり,コバ-革の周りの出っ張り。靴と靴底を糸で縫ってあるために生じる。本革を守るためでもある-の部分を黒く塗ってもらうことで黒さが復活した!20-30分のあいだに本来の美しさを取り戻すとは...さすが、専門店

 

f:id:yutos-public98:20180822130535j:plain

 

 ちなみに、これが自分で靴磨きするセットだけどショップのものと道具はさほど変わらない。「どうして、これだけ輝きが出るんですか?」と聞くと、「両足で使ったシュークリーム(靴のクリーム)は、コーヒー豆1粒分です。クリームの量が多くなるとかえってツヤがでなくなります。」とのこと。もしかしたら、今まで靴磨きをしたときに女性でいう「厚化粧」になっていたかも('_';)

 

 ただ、嬉しかったのは靴磨きをされている最中に店員さんから「いつも靴をお手入れされているんですね!」と言われたこと。綺麗な状態で持って行ったならまだわかるけど、靴磨きに来るということは少々汚れた状態で持って行ったということ。「お世辞かな...?」と思って聞いてみると、『毎日お手入れ(シューキーパ)されているんだなーと思って。』

 

f:id:yutos-public98:20180822130601j:plain

 

 革靴は歩くと屈曲する部分がシワになる。なので湿気除去と消臭,それに付いたシワを伸ばすために右のシューキーパーを自宅に帰ったら革靴の中に入れるのが基本。これを怠ると上の革靴のようにシワになってそり返ってしまう。飲み会に行ったとき、靴を脱ぐお店ならば手入れしている人としていない人とで一目瞭然ということになる。「靴を見れば人が分かる」というのはやはり恐ろしい...!

 

 店員さんはこの点をほめてくれた。どうやらお世辞ではなかったようだ。上の靴は高校の時に三年間お世話になったから、下の靴も同様に大学四年間(ないし六年間)お世話になるだろう。修理に出せば何年も使っていける製法でできているのでこれからも同様に使い続けたい。

 

 当面のあいだ靴を買うことは無いけれど、来年の春にコンビシューズと呼ばれる二色の革(マルーンとブラック)を使った本革の靴の購入を検討している。(多分購入する)しかし、コンビシューズは敷居が高いので、今履いている靴で十分慣らしてステップアップを図りたい。

 

今日も16:00から車校

 

そろそろ準備しますか!