Yuto.Sのブログ

アメブロから移転してきました!よろしくお願いします

挽回のための過酷な試練

 

 僕は、大学一年生の前期に途中で不登校になってしまって8つの必修単位を落とした。この8つの単位をすべて再履修しなければ―大学によって変わるけれど―学則によって3年次の授業に着手できない≒事実上の留年となることになっている。これら8つの必修単位を取得できるように時間割を組んだけれど、今度は2年次の必修単位3つと被ってしまった。

 

  • 火2【物理化学】と【英語表現Ⅰ】
  • 水1【生物化学】と【数学演習C】
  • 木1【微生物学】と【化学】

 

 なので他学科で開講されている同じ授業を受けると、重複が解消される。水曜日の例だと1時間目に重複が認められるけれど、水1【数学演習C】→水3【数学演習B】に変更すると重ならなくなる。ほかの授業も移動すれば何とかダブりなく再履修できるようになる。

 

 しかし、教授によって他学科枠での受講を許可しているか禁止しているかは異なる。化学の先生では、それを禁止しており仮に授業を受けて点数が良くても単位を認めてもらえないそうだ。なので、結果的に4人の教授の部屋へ伺って―メールでアポイントを取った後に体育,数学,英語,学長補佐のもとに―他学科での再履修は可能かという話を本日、聞いてきた。つかれた~;つД`)

 

 すると、化学以外の授業で他学科の一年生と混じっての受講が認められた!皆さん、事情を話すと罵倒することなく快く引き受けてくださったので本当に良かった(T_T)特に、体育の先生は「キミの学科はバスケだ。しかし、1年生とチーム戦...となると厳しいだろう。他学科開講のバドミントンなら個人戦だから心理的負担は軽減されるかもしれない。」と気を使ってくださった。頭が上がりませんm(_ _)m

 

 今日さっそく、一年生の授業を2コマ受けてきたけれどやはりどう思われているのか気になる。しかし、体面を気にする余裕はないのでなりふり構わずこのまま頑張っていこうと思う。やるしかない(苦笑)

 

いい教授に恵まれて

 

よかった!