Yuto.Sのブログ

理系大学に在学中の2年Yuto.Sと申します!毎日のんびりと更新しています(´_ゝ`)ごゆっくりどうぞ~(^^)/

大人になるということ

 

 さて、一般道での走行に慣れて話す余裕が出来たので隣に座っている教官と共感できる話をしていた。ううっ、寒いΣ(^^;)その話とは、「大人になるということ

 

 受験を終えたときに担当された先生から「なりたい職業を夢見るのが子ども,なれる職業に就くのが大人」という話を聞いた。今思うと、受験がうまくいかなかった僕に対する先生なりの慰めだったかもしれない。

 

 でも、それはまとを得ている。いつまでも「プロ野球選手になりたい!」とか「宇宙飛行士になりたい!」と夢物語を言っていられないのが実情。自分は世の中の歯車の一部なんだということを身をもって体感したとき、大人の仲間入りをしたと言えるかもしれない。

 

 これが個人的に思う「大人になるということ」だったけれど、今日の教習の会話でどうやら新しく「大人になるということ」が追加されたかもしれない。言われたことは非常に感慨深いものだった。それは...

 

  • 大人に憧れてまねごとをしているうちはまだ子ども
  • 昔を懐かしんで過去に持っていたものを欲しがるようになったら大人
 
 自分が革靴を好んで履いたりセダンの車を欲しいと思ったりカッターシャツやコートにこだわったり...言われれてみれば、自分の行動の多くは大人への羨望から来ていた事かもしれない。心にグサリと突き刺さると同時に、このことを聞いた瞬間,うしろから頭をガツンと殴られたような衝撃が駆け巡った...!
 
一人前の大人になるには
 
まだまだ先が長そうだ