Yuto.Sのブログ

アメブロから移転してきました!よろしくお願いします

読書家をあまく見てはいけない

 

 前回、山口県出身の同級生からお土産をいただいたという記事を書いた。春休み中に冗談半分でおねだりしたので本当に買ってきてくれるなんて思わなかった!というのは前回記述したとおり。GWに実家へ帰る予定だから、戻るときに「なごやん」を忘れずに買おうと思う。

 

yutos-public98.hateblo.jp


 さて、お菓子を貰ったのにお返しをしないというのはなんだか申し訳ない気がしていた。また、相手の子は読書が好きで聞いたところ前年度は49冊にのぼる本(学内2位)を借りたとのこと。僕も、昨年度は43冊(3位)の本を借りた身。2位はあの人だったのか(苦笑)なので、自分が高校生の時に読んだ個人的に好きな本を(お土産の代わりになるか分からないけど)貸すことにした。

 

三日間の幸福 (メディアワークス文庫)
 

 

 最近は固い本ばかり読んでいるけれども、高校生の時は比較的軽いものを読んでいた。相手の好みが分からなかったので、「三日間の幸福」という挿絵のない小説を貸したところ

 

 「数ページ目を通してみたけれど、比較的さらっと読めそうだね(笑)」

 

読書家には、軽い内容の本は

 

失礼だったかな...(゜_゜;)