Yuto.Sのブログ

アメブロから移転してきました!よろしくお願いします

強制される英語

 

 突然だけど、僕は英語が好きではありません。どんなけ頑張っても,読めない書けない話せない英語は出来ないだけでなく、高校のテストや大学入試センター試験といった人生での重大な局面で何度も足を引っ張ってきたから(泣)

 

 そんな英語は大学でも足を引っ張っている。訳わからない英文をみんなの前で言ってしまって何度も恥をかいたこともあるし、評価もほかの教科と比べてよくない。そんな状況だから、ますます英語が嫌いになっていく。

 

 第一日本人なんだから英語なんてほとんど必要ないし、翻訳機も発達しているから観光程度なら苦労はしないだろう。留学へ行きたいという人だけ,希望したい人だけ英語をやればいいのに「なんでこんなにも全員に無理やりやらされるのだろうか」と怒りを感じることもある。

 

 そんなこともあって、TOEICの受験はかたくなに断ってきた。1年後期に「無料で受けられるので受験してくださいね!(半強制)」という英語の先生にも、『いいえ、結構です』と丁寧にお断りし続けてきた。

 

 しかし、2020年の大学入試改革によって国立大学の出願に「英語の民間試験を受験していること」が条件となった。東大はこれを拒否していたけれどもつい先日それを撤回して方針に従うと公表したのも記憶に新しい。(出典:日本経済新聞,英語民間試験、加点か出願条件に 国大協が指針公表)

 

 国立大学法人ガイドラインがそうなのだから、公立大学法人もそれに追従するのかもしれない。しかし、今の大学生(僕らの世代)は民間試験(TOEIC,TOEFL,TEAP,GTEC)を出願時の必須要件とされていなかったので、民間試験の英語を受けていない人が多くいる。

 

 「これはマズイ」と大学側が考えたのか、今年度からTOEICを受験することが強制となった。「英語Ⅳの単位を修得する条件として①出席日数②テストの点数TOEICを受験すること」に変更されたのだ。

 

 「グローバルな人材育成~」とか、「リベラルアーツをデフォルトとしたセンセーショナルな学生に~」といったよく分からない文部科学省の言い分を根拠に英語が強制されている実情がある。「英語の前に、日本語はどうなんだ」と思うんだけどね...

 

英語が苦手な学生には

 

生きづらい世の中になってきた