Yuto.Sのブログ

アメブロから移転してきました!よろしくお願いします

今だからわかるキツく言われた理由(車校)

 

 少し前に、「テレビがつかなくなって、TVの裏から白い煙が出た」ということが起きた。住んでいるレオパレスに問い合わせたところ、今週の日曜日(本日)に交換してくれるということだったので、業者が来るついさっきまで家の中でくつろいでいた。

 

f:id:yutos-public98:20180823103009j:plain

 

 しかし、修理センターの方が持ってきたTVのサイズは19型だった。今、備え付けのTVは上記の写真の通り32型なので、「そんなにもちっちゃくなるの!?」と驚いたけれども、どうやらレオパレスのミスだったようだ。再度05/02の午後に再度同じ型のテレビを持ってきて交換するらしい。大変そう...

 

 さて、話はかわって昨日で車校がほぼ終了した。学科が26コマすべて終わり,技能も補講がつかなければ残り3回で卒検となる。住民票を移していないから、本免を受けられるのは8月以降の夏休みになると思うけど、ひと段落着いたと言えるだろう。

 

 車校で一番つらかったのは「右!左!巻き込みの確認!」と、怒る口調で言われた時だった。補講も一回ついた。あんまり怒られたことないからそう感じたかもしれないけれど、その時の悔しさをここのブログにぶつけるように書いたことが今では懐かしいニヤリそう思えるようになるほど気持ちに余裕ができたのを考えると、我ながらに成長を感じる今日この頃である。

 

 そういえば、車校では一貫して「確認」「スピード超過」に関してはシビアだったような印象を持った。それは、「自動車学校だから」というのが一番の理由かもしれないけれど、最後の学科でその事情を知ることとなった。

 

 2年前の2016年,今通っている大学で、県大生同士の正面衝突事故があったらしい。カーブの途中、前方のトラックを抜かそうとした普通乗用車を運転中の男子大学生(22)が車線変更したところ、対向車線をバイクで走行中の女子大学生(18)に正面衝突したという事件だ。女子大生は死亡

 

この事件はテレビでも大きく報道されて、大学側は保護者全員に一連の事故を通知。一時期はスピード違反の取り締まりが頻繁に行われたほど、ここら辺では大きな衝撃を与えた惨事だったようだ。車校に行く際に、事故現場を通ると今なお花が添えられているのを見かける。それが、事故の悲惨さを物語っているように見えた。

 

 「ああいったことが二度とないように。」そういう意味で、スピード超過と左右巻き込みの確認は、先生がどうしても譲れないところだったかもしれない。このことを最後の学科で聞いたら、「気をつけないと」と骨の髄から感じられた。

 

この今の気持ちを忘れないように

 

運転出来たらなと思う(初志貫徹)