Yuto.Sのブログ

理系大学に在学中の2年Yuto.Sと申します!毎日のんびりと更新しています(´_ゝ`)ごゆっくりどうぞ~(^^)/

フラれました

 

youtu.be

 

 今日は成人式で会った小学校からの同期と食事して、そのあとに「付き合いませんか?」という積極的なアプローチをする当日だった。今までの人生20年間で恋愛上の大きな3つの失敗をしたけれども、それは「自分の気持ちを曖昧にして相手に伝えてしまう」という消極的な姿勢が原因だったので、今回それらを反省して逆に大胆な行動を取ろうと考えたのが事の顚末だ。

 

 食事の時間は丸々2時間で、なかなか盛り上がった。相手は文系大学生で,僕は理系大学生なので、日常生活で文系と関わることがないのもあって時を忘れて盛り上がることができた。

 

 食事が終わり、会計も済ませた時点で相手から「彼氏はいない」「好きな人はいない」ということをさりげなく聞けたので、お店を出て「付き合わない?」と提案した。事実上の告白だ。相手はいきなりのことで困惑気味だった。しかし、以下の点を伝えると相手のほうも意図を何となく掴めたらしい

 

  • これから先、何にもない関係の男女が1対1で食事をするのも,誘うのも極めて不自然。だから、付き合って親睦を深めたい。
  • 今、愛知ではなく広島にいる。デートを重ねて「付き合いたい」と言いたかったけれど、重ねるだけの時間がなかなか作れない。次回は夏休みになる。だから、今回思い切った行動に出た。
  • 今までの恋愛では、うやむやにしたことが失敗した原因だった。なので、今回は真逆の行動と取った次第。心情を包み隠さずいう:付き合いたいという気持ちを直接伝えた。
 
 告白よりも、告白に至った経緯を知りたいということだったので、こちらも洗いざらいに話した。すると、相手から返事が来た。かなり考えてくれた上での返信だったので、緊張した。
 
 正直驚いている。しかし、距離が離れていることや今までの失敗の経験をもとに今回積極的にアプローチしてくれたのは嬉しかった。しかし、とうくん(Yuto.S)とは友達としてなら○だけども恋人として見るとこは難しい。小,中学校同じだったというのも原因かもしれない。第一、遠距離恋愛というのが全く想像できない。これは私の恋愛の経験不足かもしれないけれど...とうくんが積極的にアプローチしてくれたので私も保留(△)は申し訳なく思う。なので、○か×かといえば、「×」
 
以上、フラれました
 
もう嫌になりそうです
 
<追伸>2018-08-23T11:08:46
 
 【カッコ】は旧アメブロ時代の限定記事の名残。はてブロヘ記事を移転した際に「公開/非公開化」を審査。①本件は不成立であること②時効。よって、公開へ移行。以上