Yuto.Sのブログ

アメブロから移転してきました!よろしくお願いします

これからの目標

 

 理系の大学生としては、自分の専攻学科が将来の職業になることを渇望していることが多い。例えば、工学部系を学んだのに農学部系統の職業(食品,バイオなど)に就いてしまったら、その分野について一から勉強しなくてはならないので苦労するといったことが起きてしまうからだ。

 

 Yuto.Sは大学で、「環境科学」について学んでいる。この分野が将来の職業に直結するならこれ以上嬉しいことは無いけど、環境についての仕事があるだろうか?大学1年生の時に調べたことがある。すると、「環境計量士」という職業がそれに該当することが分かった。

 

 ただ、環境計量士は国家資格で決してやさしい試験ではない。合格率が低く,民間のサイトでも資格取得に関しては難関とされている。しかしこれらを加味すると、無謀な挑戦ではないかもしれない。

 

  • 大学で環境科学を専攻していること
  • 膨大かつ圧倒的な自由が残り2年半あること
 
 この試験は今年度の3月上旬(8カ月後)にある。きのう車校が終わったのもあって時間が有り余っているし、もし仮に落ちてしまっても来年度(大学3年生)にも受験するチャンスがあるので、挑戦するにはもってこいの資格かもしれない。就職した後に必要になって、仕事の合間を縫って資格の勉強をするよりかは、時間が有り余っている大学生のうちに取っておくほうが合理的だろう。
 
 ただ、8カ月後の3月とは、間が開くにしては長い。そこで、今年の10月に行われる「技術士一次試験(環境部門)」の試験か「環境測定分析士2級」の受験を検討している。それらの勉強が今年度の03月の環境計量士へと繋がってくれればなというのが魂胆だ。今年の(学問についての)予定は以下の通り
 
  • 06月:環境測定分析士3級(民間) 申込済
  • 08月:夏休み
  • 10月:技術士1次環境部門(国家) 若しくは
  • 10月:環境測定分析士2級(民間) どちらか受験
  • 02月:春休み
 
 ありがたいことに、試験を受ける前の08月-09月に40日間の夏休みがある。また、02月-04月までの2カ月間は春休みだ。試験日が近づくと、どちらも長期休暇に入るので集中的に勉強ができる。
 
 さらに、大学へ必要な書類を持って行ったり,教務課を通して申し込みすると、資格取得に関して助成金が交付される。関係ないけど、TOEICに関しては無料で受けられる(というか、受けるのが今年度から強制になった...泣)3年になると研究室配属になり、4年になると卒論と就活で忙しくなるはずなので、今のこの「2年」という時期がいかに適しているかが分かる。大変かもしれないけど
 
決して無謀ではない夢や目標
 
一歩一歩進んで叶えていきたい
 
 
 将来の夢か...「専攻分野を職業に」これも大事だけど、もう一つ。絶対に叶えたい夢がある「やさしいお父さんになること
 
宣言ついでに(笑)