Yuto.Sのブログ

理系大学に在学中の2年Yuto.Sと申します!毎日のんびりと更新しています(´_ゝ`)ごゆっくりどうぞ~(^^)/

災害派遣ボランティアに行ってきた!

 

 本日、「平成30年7月豪雨」による被災で、特に被害の大きかった地域のボランティア活動に参加してきました!

 

f:id:yutos-public98:20180809192702j:plain

 

 今回、大阪市立大学大阪府立大学県立広島大学公立3大学合同でボランティアが実施されました。上記の写真はボランティアに行く前の格好になります。

 

 バックパックにカメラを入れて持って行ったのですが、教務課の方から「被災地は見世物じゃない」との注意喚起があったので、写真は撮っていません。

 

 確かに、被災された方としては土砂で埋もれた私有地をパシャパシャ撮られるのは気分のいい行為ではないでしょう。浅はかな考えによりカメラを持って行った自分を恥ずかしいと感じています(- -;)

 

 さて、ボランティアの内容ですが、小,中,高校生が主に行う「募金の呼びかけ」や「炊き出し,案内,食事提供」と言ったものではありませんでした。何をしたかというと、土砂崩れが起きた場所で特に重機の入らない場所での土砂の掻き出しでした。

 

f:id:yutos-public98:20180809193311j:plain

 

 上記の写真は帰ってきた後のものですが、朝まで新品だった服とは思えないくらい汚れています。以下のものを身に付けて作業をしました!

 

  1. 長ぐつ
  2. 長そで
  3. 長ズボン
  4. N95マスク
  5. ゴーグル
  6. 帽子
  7. ガーゼ手袋
  8. 耐油性手袋
  9. 大学名ロゴ入りビブス

 

 全国的に猛暑が続く中、このような格好での作業は想像を絶するほど大変でした('_';)作業中に汗が止まらず、あっという間に水分が体から失われるのです。15分作業しただけでダウン。30分で全体的に口数が減り,1時間後には全員放心状態。昼食と休憩を含めて4時間作業をしましたが、帰りのバスでは皆さんぐったりしていました。

 

f:id:yutos-public98:20180809195108j:plain

 

 暑くてゴーグルを外そうとするのですが、乾いた土砂を掘った時の煙で目がすぐに痛み出すので取れませんし,呼吸が辛いからとマスクを外すと粉塵を吸って危険です。 これはマスクの表面ですが、ホコリが全体にくっついています。暑くても取る方が人体に危険なので取れませんでした(泣)

 

 今日は幸いなことに雲が出ていたので32℃くらいでしたが、太陽が出ていたら37℃くらいまで上っていたでしょう。しかし、いつものように暑くないとはいえ、教務課長の方が熱中症に酷似した症状を訴えていました(>_<)太陽が出ていたらYuto.Sも熱中症で倒れていたかもしれません。

 

f:id:yutos-public98:20180809200128j:plain

 

 ただ、熱中症は起きなかったものの、Yuto.S自身、内出血を起こした模様です(/_;)途中で足が痛くなったんですけど、原因はこれだったのですね。

 

 「被災している方の力になりたい!」という気持ちは崇高で尊重されるべきですが、素人が参加するとかえって迷惑がかかるかもしれませんし,体調を崩してしまうことがあるかもしれないから被災者支援は慎重にということを今回肌で実感した次第です。

 

 足の痛みもそうですが、今日のボランティアでかなり疲弊しています。明日からバイトが6連勤で入っているので、明日以降の活動に備えるためにも早く寝て、しっかり休養を取りたいと思います!炎天下で、長そで長ズボンを履いた状態での泥の掻き出し作業

 

もう二度とやりたくないと思うほど

 

大変な作業だった(;_:)