Yuto.Sのブログ

理系大学に在学中の2年Yuto.Sと申します!毎日のんびりと更新しています(´_ゝ`)ごゆっくりどうぞ~(^^)/

強いストレスによる過眠

 

 Yuto.Sの体は、強いストレスを受けるとモロに体へ影響が出ます。1年前期の不登校時に落とした必修単位を2年前期で取り返した際に「体育実技Ⅰ」や「中国語Ⅰ」の講義前に吐き気を催して、何度かお手洗いで嘔吐したことがあったのです。

 

 「他の1年生にどう見られているのか不安」というストレスだったのですが、吐いたことが強烈だったので今でも鮮明に覚えています。

 

 また、2018年07月から同年12月までに起こした「深謀遠慮」では、失敗に終わったということもあり、当初の68.0kg(08月)から61.8kg(01月)にまで体重が落ちました。1浪した時の水準(59.0kg)まで落ちたと考えると、戦慄を禁じざる負えません。現在は回復傾向にありますが、強いストレスを受けると目に見える形で影響が出ます。

 

 さて、冒頭にも書いた通り1年生の前期は不登校でしたので「休学」や「中退」といった危機的な選択肢が、かつては存在しました。今の講義への出席状況を鑑みるとそれらの状況は回避されたと言えるでしょう。

 

 しかし、次に迫りくるは「留年」の危機です。なにせ、半期分の単位がごっそりない状況ですので、学部内では1番留年しそうな人かもしれません。余談ですがチューターの先生もこの状況を(固唾を飲む様子で)かなり気にかけて頂いています。ありがたいことです。

 

 留年になるかそうでないかは今期のテスト次第になります。2年前期の再履修時に受けたような強いストレスを感じている状況です。それもあってか、最近過眠気味というのが実情だったりします。ただ、復活した時に覚悟を決めて大学へ戻ってきました。今後の進路が決まるテスト週間ですが

 

ここはグッとこらえて

 

頑張っていきたいと思います