Yuto.Sのブログ

理系大学に在学中の2年Yuto.Sと申します!毎日のんびりと更新しています(´_ゝ`)ごゆっくりどうぞ~(^^)/

充実した大学生活への試練

 

 Yuto.Sは今から五日前に、残りの大学2年間を充実した日々に変える云わば「切り札」のようなものを偶然手にしました!

 

yutos-public98.hateblo.jp

 

 何気ない大学生活もまた、幸せの連続と気が付く日が、社会人になったらやってくるかもしれませんが(よく社会人の人が言っている「あの頃に戻りたい」と同義)現に大学生をやっている今は、なかなか気付きにくいものです。

 

 さっき、「何気ない大学生活」と書きましたが、恐らく今の生活にどこか物足りなさを感じているのでしょう。そんな何気ない毎日を精神的に充実にしてくれる切り札を手にしたので、喜びを禁じざる負えません(笑)

 

 さて、Yuto.Sが手にした「切り札」は、ありがたいことに使うこと捨てることも出来ます。つまり、選択する権利があるということですね。「切り札を捨てること」を選ぶと、残りの2年間は今まで過ごしてきたような大学生活を送ることになります。まあ、それはそれで悪くは無いんですけど...

 

 ここで、「切り札を使うこと」を選択すると充実した2年間になることは間違いありません。しかし、充実した日々を送る代わりに、相当な努力を代償として支払わなければなりません。恥をかくリスクも同様に負うことになります。この点がネックで、Yuto.S自身、手にした切り札を使用するか放棄するかを最近はずーっと考えています。

 

 ただ、振り返ると今までの人生でこうした状況が起きた時には、リスクを背負ってでも挑戦し,努力してきました!高校受験や大学受験を振り返ってみると、まさにその通りです。

 

 どちらも一般入試というリスクを背負って受験して、そのために努力してきましたが、「合格」の二文字を勝ち取った時の『喜び』や『充実感』は、お金を払えば一瞬で手に入る「快楽」とは比べ物にならないほど素晴らしい物だということを、この身を持って体感してきた人生でした。

 

 Yuto.Sが今手にしている「切り札」もまた、使用すると試練がすぐに立ちはだかってきます。特に今から半年間,特にこの1~2カ月は壮絶な苦労を経験することでしょう。しかし、それを乗り切れば一生思い出に残る大学2年間になることを予感しています。春休みは長いので慎重に検討しますが、そんなYuto.Sですので

 

恐らく「切り札使用」を

 

選択すると思いますけど(^^;)